Hot Ranking

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りる時の教え

狭い賃貸暮らしを大いに快適にしてくれるロフトベッドについて。

格安なお家賃の単身者用賃貸マンションの場合、メインの部屋と寝る部屋が同じであるというのが当たり前です。そうなってくると生活スペースの確保が自ずと難しくなってくるので、いかに工夫して限られた空間を有効活用するかというのが、非常に重要になってきます。

なお私が現在暮らしている賃貸マンションも1Kで5畳の部屋が寝室兼メインのお部屋なので、少しでも広く部屋を使うためにロフトベッドを愛用しています。なおコレは名称からもお分かりになるとは思いますが、ベッドの脚の部分が大変長くなっているので、その下のスペースが自由に使えるようになっています。

普通のベッドを置いてしまうと、もうそれだけでお部屋の半分以上のスペースが死んでしまいますが、ロフトベッドの場合はその心配がありませんので、私の場合は机や椅子にタンス、それからハンガーラックを置いています。おかげで僅か5畳の広さしかない賃貸マンション暮らしであっても、左程窮屈さを感じずに済んでいます。お値段的にも普通のベッドを買うのと大差ない価格帯だったので、もし現在手狭なお部屋に住んでおられてイライラしている人がいたら、ロフトベッドに切り替えるだけで結構劇的に生活空間が快適になりますからお薦めです。