Hot Ranking

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りる時の教え

賃貸契約時における重要事項説明と契約

賃貸物件を借りる際には、その契約を結ぶ時に、不動産会社が法律によって定められている重要事項の説明が必ず行われます。その後、契約に至るわけですが、重要事項説明書と契約書に書かれている内容は、必ずその場で確認するようにしましょう。その後のトラブルを回避するためです。『重要事項説明』というのは、「契約しようとしている物件は、こういう部屋ですよ」という確認をするものです。契約は、それを確認した上で借り手と大家さんが部屋の貸し借りを取り交わす約束をするものです。

その後の生活に非常に深く関わってくることですので、少しでもわからないことや疑問があれば、遠慮せずにその場で必ず確認するようにしましょう。殆どの場合、重要事項説明書と契約書のコピーが渡されるはずですが、ないようでしたらお願いしてコピーを渡してもらうようにしましょう。もらってよく読み、疑問や質問をまとめておくと安心です。どうしてもご自身で確認できないのであれば、信頼のおける人に読んでもらって、問題点がないのか確認してもらうというのも良いでしょう。

内容をよく把握してから署名・捺印しないと、後に「知らなかった!」と言っても、それは通用しません。後々のトラブルとならないためにも、契約の段階で疑問や不安は取り除いておくようにしてください。

住まいの様々な疑問を解消