Hot Ranking

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りる時の教え

賃貸契約における入居時にかかる費用

賃貸物件を借りる場合、実際に入居するまでに様々な費用が発生します。一体どのような費用が発生するのかについて紹介します。不動産会社に行って賃貸物件を探し、入居を希望する部屋が決まったら、申込を行います。まず入居申込書に記入をしますが、このとき預り金(申込金)が必要になる場合があります。部屋を借りる意思があることを示すための、仮押さえ的な意味あいで支払うお金で、契約が成立しなかった場合は返還され、成立した場合は敷金・礼金等の契約金の一部として当てられます。その後、入居審査が行われ、これで特に問題が無ければ実際の契約段階へと進みます。

この際、どのような費用が発生するか紹介します。まず修繕費用や家賃滞納などに当てる目的で預ける敷金、一般的には家賃1〜2ヶ月分です。礼金は、大家さんに対してお礼の意味を込めて支払うお金で、一般的には無し、または1〜2ヶ月分程度です。仲介手数料、これは不動産会社に支払うお金で、一般的には家賃1ヶ月分程度になります。前家賃は、入居した月の家賃で、月途中の入居は日割り計算されます。火災保険料は、2万円前後になります。また鍵の交換費も、必要に応じて発生しますが、なるべく交換しておいた方が良いでしょう。

地域や不動産会社によって、多少の違いはありますが、入居までに掛かる費用は、おおよそこのような感じになります。

住まいの様々な疑問を解消