Hot Ranking

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りる時の教え

賃貸でドアの構造を知っておく

賃貸生活で、プライバシーを守っている点で洗濯物を外に干さない方が増えており、女性は下着などの盗難防止のためでもありますが、洗濯物は性別や生活パターンを空き巣に知らせることになりかねないですから、それを避けるために洗濯機置き場は室内にあったほうがいいでしょう。そしていつでも洗濯物を干せる浴室乾燥機もあれば便利です。そして空き巣がガラスやぶりをするときは窓のクレセント場付近のガラスを割って開場しますが、防犯ガラスやシャット雨戸、窓用の補助場などの設備があると侵入まで時間がかかりますから、断念するような空き巣が多いです。

そしてベランダにセンサー付ライトがついていればさらに効果があります。そして玄関ドアから侵入する時は、特殊工具を挿入するためにドアスコープを取り外してみたり、之部付近にドリルで穴をあけたり、ドアの側面や上部の隙間からこじ開けたりしますが、そのためドアは破壊に強い材質や構造であることが一番で、そして1つのドアに2つ以上の鍵をつけるワンドア・ツーロックを基本に、防犯サムターンや防犯性の高いシリンダーや補助場など複数の防犯対策を施しているといいでしょう。そして、最近磁気式カードキーやテンキー式ロックなど今までの鍵を使わないタイプも登場しており、カラーミニたーと録画機能付きインターフォンや24時間ホームセキュリティなど防犯設備の高機能化も進んでいます。

住まいの様々な疑問を解消